スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯の小屋温泉龍洞

湯の小屋温泉龍洞

新潟の鵜の浜温泉からの帰り道に
群馬の奥地、水上のまた奥の湯の小屋温泉に向かう。
ここは2週間前に行ったばかりの所。

雪はいっそう深く積もり、軒のツララも伸びている。
湯の小屋温泉龍洞

この日はたまたま寒気は緩んで日差しが暖かい。
湯の小屋温泉龍洞

過日見逃していた温泉の表示を確認した。
弱アルカリ性の単純泉
湯の小屋温泉龍洞

先ずこの小屋に入り好みの木札を取って風呂場の入り口に下げるのがルールになっている。
湯の小屋温泉龍洞

ここは、河童の湯
目の前に流れる沢の音を聴きながらゆるりと浸かる至福の時だ。
気温が少し高めのせいか湯温が若干高め。41度ほど。
湯の小屋温泉龍洞

対岸に猿が一匹こっちを見ていた。
湯の小屋温泉龍洞


そして、明るいうちに帰路についた。





スポンサーサイト

湯の小屋温泉 秘湯の宿 龍洞

湯の小屋温泉 秘湯の宿 龍洞

いつか行きたいと思っていましたが山奥なのでなかなか向かえなかった湯の小屋温泉。
暇に任せてフラリと北へ向かって走る内に、行こう!と決め、水上の更に奥の奥利根に走りました。

利根川の源流を遡って雪景色とアイスバーンを堪能するうちに洞元湖の奥にある湯の小屋温泉に到着。
http://www.ryuudou.com/
フロント受付で日帰りの湯と告げ2000円也。
湯の小屋温泉 秘湯の宿 龍洞

通路を抜けて一度外に出て、別棟にもある露天風呂に向かいました。
この建物は宿泊客の建物
湯の小屋温泉 秘湯の宿 龍洞

階段を少しだけ下って沢の流れに近づきます。
湯の小屋温泉 秘湯の宿 龍洞

先ずは「天女」の露天風呂
17もある全ての露天風呂が貸切になっています。
掛け流しの音と沢の音が若干の緊張感を醸し出し落ち着くまでに少し時間がかかりました。
湯の小屋温泉 秘湯の宿 龍洞

湯から降り積もった雪の眺めを確かめるとグッと気分リラックス。
湯温は40度か41度で適温。
湯の小屋温泉 秘湯の宿 龍洞

一度フロント脇の休憩室に戻って無料で飲めるコーヒーを淹れてひと休み。
湯の小屋温泉 秘湯の宿 龍洞

山の夕暮れは早い。
「龍神」の露天風呂
湯の小屋温泉 秘湯の宿 龍洞

こちらは「河童」
湯の小屋温泉 秘湯の宿 龍洞

もう河原は真っ暗で見えません
湯の小屋温泉 秘湯の宿 龍洞

結局、3時半から7時半までゆっくり浸かっていました。

■泉質/単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
■効能/美肌・神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・過労回復・健康増進によく効きます。
http://www.ryuudou.com/images/huro/bunseki.pdf


テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。