スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貝掛温泉

2010年2月3日 大雪の貝掛温泉

昨年暮れに訪れた貝掛温泉だが
年明けて再びここにやって来た。

目当てはお湯と雪景色である。
雪の量も寒さも一層増して最高の状態ではないか。
大雪の貝掛温泉

暮れの時には清掃直後でこの露天風呂には入れなかったが
今回は一杯になっている。
大雪の貝掛温泉

しかしここの湯は湧き出す温度が低いため浸かるにはぬる過ぎた。
この寒さでさらに水温は下がりとても入っていられない。
結局加熱してある小さい方の露天風呂でゆっくりと寛ぐことになった。
圧倒的な雪に囲まれての露天風呂は最高であった。
満喫とはこのことかと。
大雪の貝掛温泉


大きな地図で見る



スポンサーサイト

テーマ : 旅行、旅、ドライブ - ジャンル : 旅行

貝掛温泉


2009年12月24日 貝掛温泉 立ち寄り湯

早く雪の温泉を体験したいと願っていたら
日本海沿岸に雪とニュースで聞く

仕事休みは天気回復し暖かな陽気
雪が融けてしまうと心配しつつも
新潟県の秘湯 貝掛温泉に出かけた。

17号線の湯沢と苗場の間にある一軒宿で
時々通ることもあってこの柱はよく見かけていた。
街道沿いにある温泉は大抵ろくなものは無いと
立ち寄ったことも無かったがちょっと気になっていた温泉。
貝掛温泉


源泉を守る宿というので一度は行ってみたいとも思っていた。
街道から外れ細い道を下るとこれまた車一台ぎりぎりの細長い橋が架かる清津川を渡れば
貝掛温泉の一軒宿が見えてくる。
貝掛温泉


雪で真っ白な広い駐車場に車を置いて宿に入り立ち寄り湯を告げる。
フロントの奥に秘湯を守る会の提灯があった。
貝掛温泉


風呂場に通じる廊下の風景
古民家の味わいを出している。
貝掛温泉


暖簾が風呂場に向かう楽しみな気分をもりあげる。
貝掛温泉


泉質はホームページにナトリウム・カルシウム 塩化物温泉 弱アルカリ性低張性温泉 無色透明・まろやか
とある。
ドライアイに良いそうだ。
静かに湯に浸かる。
浴槽からかけ流しの湯が静かに平均に溢れ出て
気ぜわしい日常を忘れさせる。
湯の温度はかなり低く
じっくり浸かっていないと体が温まらない。
もうひとつの浴槽は源泉に加熱してのお湯とか。
気短じかな私はこの温度の高い方に入った。
貝掛温泉


浴槽に浸かりながら見上げれば
庄屋造りの太い梁が見事だ。
貝掛温泉


露天風呂もふたつ有って
大きい方の露天風呂は掃除が終わって湯を汲み入れている最中だったので入れなかった。
湯の温度が高目の小さい露天風呂に浸かる。
雪の風景が目に楽しい。
貝掛温泉


寄ってよかった。
こんどは泊まりで行ってみたい。


テーマ : 旅行、旅、ドライブ - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。