スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那須 北温泉

那須温泉の奥の谷間に北温泉という湯があります。
那須街道から右折して少し行くと駒止の滝を望む展望台の駐車場があり、
温泉へはこれより先に車で入ることは出来ません。そこからは徒歩で400m谷を下ります。
北温泉

その昔からの湯治場の風情
想像していたよりも格調ある佇まいです。
北温泉-2


石段を登って玄関へ
北温泉-3


ここが帳場
入った時には誰もいませんでした。
猫が番をしていましたが。
北温泉-4


宿内はどこもこんな感じです。
狭くて黒い廊下
北温泉-5


天狗の湯に向かいます。
北温泉-6


なるほど天狗の湯
北温泉-7


注がれる湯の泉質は少しぬるっとした硫酸系と鉄分の湯のようです。
もちろん源泉掛け流し。
北温泉-8


湯はそのまま飲んでみましたが殆んど無味無臭。
北温泉-9


天狗の湯の隣にある打たせ湯
北温泉-10


この宿最大の湯の泳ぎ湯、まるでプールです。
名前から湯治客の運動のために作ったのかと思いました。
北温泉-11


長年一度来てみたかったところなので大満足の温泉でした。





スポンサーサイト

テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行

御宿きむらや つわぶき亭

初夏の西伊豆戸田温泉
御宿きむらや つわぶき亭

ほぼ曇天確定の思いで出かけましたが見えました。富士山が。
東名自動車道の御殿場辺りでしょうか。
御宿きむらや つわぶき亭

伊豆半島の山を越えて到着。
御宿きむらや つわぶき亭の玄関。
御宿きむらや つわぶき亭

部屋は最上階次の間付きの広めの部屋。
窓からは広々と駿河湾が望めます。
御宿きむらや つわぶき亭
隣の宿の上にうっすらと大きな富士山が見えました。

お風呂場は1階、2階、屋上にあって、
先ずは2階の大風呂へ。
御宿きむらや つわぶき亭

明るくて清潔感溢れる脱衣所
御宿きむらや つわぶき亭

泉質はカルシウム・ナトリウム硫酸塩
御宿きむらや つわぶき亭

アルカリ性の湯で幾分ねっとり感があるかもしれません。
御宿きむらや つわぶき亭

ドアを開けて露天風呂へ。
木の風呂桶で3、4人は入れる大きさです。
御宿きむらや つわぶき亭

もう一つ1階の風呂に入ってみました。
御宿きむらや つわぶき亭

ジャグジー泡風呂になっていてちょっと贅沢感。
湯亭大判の湯
御宿きむらや つわぶき亭

他に1人2人用の貸切風呂も幾つかあって楽しめますが夕飯の時間になりました。
さすが西伊豆と言えばよいのか、流石つわぶき亭か、オリジナルのメニューですが地元海の幸がしっかり満載で大いに満足のご馳走でした。
タカアシガニと舟盛り
西伊豆戸田つわぶき亭オフ会-07

中居さんがとても感じよく心楽しい食事になりました。
夕日が綺麗!と教えてくれて。
御宿きむらや つわぶき亭

食後に屋上の貸切露天風呂にも入ってみました。
御宿きむらや つわぶき亭

夜なので景色も見えず富士山も見えるわけもないので期待しませんでしたが、遠く清水か焼津の街の光が見え、天には三日月も見えてなかなかの情緒を味わうことが出来ました。
御宿きむらや つわぶき亭

朝食後に1階の家族風呂へ。
狭いながらもこれがなかなか良くて、鶯などの小鳥の声を聞きながらしばし至福のひと時でした。
御宿きむらや つわぶき亭

この記録で概ね正しいかと思いますが正確には宿のホームページへ
http://www.tsuwabuki.com/








テーマ : 旅行、旅、ドライブ - ジャンル : 旅行

川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵

川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵

草木芽吹く3月、関越道沼田インターから北へ約30分。
群馬県川場町の宿「悠湯里庵」に行ってみました。
豪勢な茅葺き古民家作りの門構えに向かえられます。
川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵

宿の入口はその左にあります。
重々しい一枚板の両開きの扉は自動扉で、そのまた奥の扉も同様です。
川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵

フロント横にある大きな囲炉裏。
タバコの灰皿にもなって。
川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵

見上げればいかにも古民家、提灯が雰囲気を盛り上げています。
川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵

幾つかの風呂があるようですが日帰りの客が入れるのは「武尊乃湯」のみ。
早速風呂場に向かいました。
途中に通過する小広い部屋には甲冑、煙草入、簪、櫛など様々な古美術品が展示され、誰もが見えるようになっています。
川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵
川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵
川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵

風呂場に向かいます。
川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵

泉質はアルカリ性単純泉の源泉かけ流し。
川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵

現代的に整った脱衣所です。
川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵

入り口には流し湯もあり。
川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵

内風呂は温度の異なる浴槽が二つ。
温泉独特の甘い香りがここち良いです。
日帰りの客が何人か出たり入ったりしていましたが、
タイミングよく一人だけになったのでデジカメを出しました。
川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵

露天風呂もあり、楽しい日帰りの湯になりました。
川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵




テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行

塩原温泉もみじの湯

塩原温泉もみじの湯

次の日の朝、塩原温泉に行ってみました。
公共の湯にでも入れたらと思いつつ街なかを眺めながら走りましたがどこにも見付かりません。
諦めかけましたが、バスの発車場で待機していた市内バスの運転手さんに声をかけ、何処かでお風呂に入りたい、とお訊ねしてみると、「露天風呂でもいい?」と言うので「露天風呂など入れたら大変嬉しいです。」と言うと、行き方を詳しく教えてくれました。

教えて頂いた車を置ける場所から川に向かって行くと、向こう岸に見えます。
塩原温泉もみじの湯

細い橋を渡れば露天風呂は目の前です。
簡素な作りでちょっと寂しくなります。
塩原温泉もみじの湯

近づくと遊歩道からお風呂が丸見え。
ひとり先客があるようです。
塩原温泉もみじの湯

書いてある通りに100円を料金箱に入れて私も湯に浸かりました。
10人も入ったら溢れるほどの小さな露天風呂で、手前の方は少しぬるめで、湯が注がれている小さい方は少し熱くなっています。その方にお断りして人が見えない所を撮らせてもらいました。
塩原温泉もみじの湯

その方は地元の方で毎日この湯に入りに来るとか。
「若い人が入りに来るけど、マナーが出来てない人が多くて困ります。」と。
湯の中で頭を洗う人も居るようで長い髪の毛が浮いていることもあるそうです。
「毛を掬い取って入るんだけれど、もうガッカリする。」
地元の方は思いを語りました。
しばらく仲良く浸かっているともうひとり常連さんがやって来ました。
東京からこの露天風呂に入りたくて引越ししてきたんだとか。
ホントかな。
塩原温泉もみじの湯

しかしとてもいい湯で満足しました。
安いし。(^^ゞ


*****


塩原温泉の上流を走っていると送電線の鉄塔の下に20頭ほどのサル軍団に出会いました。
20130315 035








テーマ : 旅行、旅、ドライブ - ジャンル : 旅行

那須-弁天温泉

那須-弁天温泉を訪問しました。
有名な那須温泉鹿の湯から少し登った所に静かに佇む一軒宿です。

3月半ばの那須高原は既に大方の雪が融けて間近な芽吹きの時を迎えようとしていますが、谷を少し下った所にある弁天温泉は日陰になっていて吹き溜まった雪がまだ残っています。
那須-弁天温泉

宿の玄関
那須-弁天温泉

フロントで1,000円支払い風呂場に向かいます。
那須-弁天温泉

成分は鉄分を多く含むようです。
那須-弁天温泉

内風呂は広く2,30人は浸かれそうです。
鉄分その他の成分でやや濁りがあり、浴槽の底に手のひらを着けると赤い粉が付いてきます。成分表には無臭と書いてありましたがいかにも温泉らしい甘い香りを持っています。
那須-弁天温泉

奥に見える石段を上がると左右2つの露天風呂。
那須-弁天温泉

石段から外に出ると情緒あふれる露天風呂です。
かなり時代を感じるその朽ち加減に驚きながら足を入れました。
那須-弁天温泉

左側の露天風呂の方が僅かに温度が高めです。
那須-弁天温泉

露天風呂は冬にはややぬる目で温まりません。
内風呂に戻り身体を充分に温め直して上がりました。
しかし泉質は大変気に入りました。
手に着いた香りが良い。

宿の横を流れ下る沢
那須-弁天温泉

青空に聳える那須岳と朝日岳からの風花がキラキラと輝いていました。氷点下4度。
那須岳




テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。