スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほったらかしの湯


2007年5月  ほったらかしの湯

午後3時頃に中央道の勝沼インターを降り山梨市の北西にある
ほったらかしの湯に向かいました。

まずは空腹にてうどんを食べてから券を購入
IMG_0087.jpg


早朝ならば富士山もハッキリ見ることができたのでしょうが
夕方はもうぼんやりとしか見ることができません。
IMG_0088.jpg


あっっちの湯とこっちの湯のふたつあってどちらに入ろうかと迷いましたが
あっちの湯に決めて入り口をくぐりました。
建物はなるほどほったらかしのイメージがピッタリと言いますか
最近の鉄筋作りではなくて簡易なもののようです。
PIC03112.jpg


内湯の雰囲気はいかにも温泉
なかなか味わいある湯船でよかった。
外に出るとこれが驚きで
何段にも露天風呂が造られてしかもい広くて
ゆったりと湯に浸かれました。
ぬる湯なので浸かりっぱなしです。
(写真は人の姿が露骨に見える部分を隠して編集したので一部分実際とは異なります)
ほったらかしの湯


やがて夕暮れて暗くなると
山梨市の夜景が目を楽しませてくれました。
暗い露天風呂のゆるゆるとした気分は最高でした。
IMG_0094.jpg


午後7時過ぎに湯から上がり
帰路を大菩薩峠を越え青梅に至る山道の奥多摩街道にとりました。
なんと峠越えのところで道路をふさぐ大きな陰か壁。
見れは10頭ほどの鹿の群れです。
ブレーキを踏んだまましばらく見ていると群れは森の中に静かに消えていきました。
写真に撮れば良かった、残念。





スポンサーサイト

テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。